シェア大歓迎です!

突然の落雷あなたならどうする?

シェア大歓迎です!

落雷

スポンサーリンク

落雷とは?

  icon-flash

落雷とは、雷電流によってもたらされる。電流発生メカニズムの違いによって、直撃雷、誘導雷によるものに大別される。電流の大きな直撃雷のほうが、より深刻と考えられがちであるが、実際には人、物ともにどちらでも深刻な被害が発生し、ケースバイケースである。分類は落雷被害防止対策上、必要なものになる。

具体的な回避方法について

  icon-flash

雷は、雷雲の位置次第で、海面、平野、山岳などところを選ばずに落ちます。近くに高いものがあると、これを通って落ちる傾向があります。グランドやゴルフ場、屋外プール、堤防や砂浜、海上などの開けた場所や、山頂や尾根などの高いところなどでは、人に落雷しやすくなるので、できるだけ早く安全な空間に避難して下さい。鉄筋コンクリート建築、自動車(オープンカーは不可)、バス、列車の内部は比較的安全な空間です。
また、木造建築の内部も基本的に安全ですが、全ての電気器具、天井・壁から1m以上離れれば更に安全です。また、近くに安全な空間が無い場合は、電柱、煙突、鉄塔、建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、その物体から4m以上離れたところ(保護範囲)に退避します。高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れてください。姿勢を低くして、持ち物は体より高く突き出さないようにします。雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な空間へ移動します。

今年に入っての雷被害状況

  icon-flash

【まさか】事故原因は自撮り棒? 自撮り棒を持ってハイキング中の男性が雷に打たれて死亡する事故が発生

1分以内に二度も雷に撃たれた男性

家電製品も標的になりますよ!

  icon-flash

雷が発生しそうなときは、家電製品をコンセントから抜きましょう。落雷で被害を受ける電化製品は高圧電流に依る部品の焼損(電圧に依り回路が破壊される)です。雷は数億から数十億ボルトの電圧があり小さなものでも一般世帯一月分以上の電力を持っていると言われています。直撃であればもちろん耐えられるものはなく、直撃でなくても誘導電流で家庭用の電気製品は例外なく使い物にならなくなります。家庭用電化製品の耐圧(壊れない電圧)は日本国内の物であれば電源部でも200V程度ですから数百万倍の電圧を持ち電力も強力な雷に耐えられる物はありません。電化製品の外観に故障がなくても、基盤など内部部品に損傷が生じる可能性があります。
また、雷が鳴っていた翌日に、電話が使えなくなった、インターネットに繋がらない、エアコンが動かない……などのケースは、単なる故障ではなく誘導雷が原因の可能性が大きいです。誘導雷による電化製品の故障を防ぐためには、コンセントを抜くことが効果的ですが、すべての家電製品のコンセントを抜くことは難しいですよね。そこで、「避雷器(ひらいき)」を取り付けることをオススメします! 避雷器は、一般家庭で使いやすいコンセントタイプがあり値段も手頃。電気関係に詳しくない方でも簡単に取り付けることができます。パソコンや電話用、コピー機用など様々な種類の避雷器が販売されていますので、用途に合わせて気になる場所に設置しましょう。これで雷が鳴っていても安心! 大切な家電製品を雷から守る為に、ぜひ避雷器を取り入れてみてください。次に私の家で使用している商品をご紹介します。

雷対策商品について

  icon-flash

ELPA エルパ 耐雷サージ機能付フロントタップ 3個口 A-350SB(W)
小型で場所を取らず3個口なので複数接続可能です。

APC ES 550 BE550G-JP

無停電電源です。停電時でも電源を落とされることなく自力でバッテリー駆動します。

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

フォローおねがいします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です